2017-12-09

西荻窪 草木染め糸屋:晩秋に香る桜落葉染め Tokyo Natural dyer: Cherry dye

皆さんは季節をどう感じながら暮らしていますか?一日の陽の長さから、人々の装い、商店街の飾り、市場に並ぶ季節のもの、様々な瞬間に季節の移ろいは感じますよね。

テマリシャスでは草木から色をいただき、糸に色を移す仕事なので、自然と季節に寄り添って働いています。

晩秋のこの季節、やはり赤い葉は無視ができません。桜の木の下で赤い落ち葉を拾ってきました。

桜の落ち葉染めは大好きな染めの一つです。なんと言っても目に鮮やかな赤い染液。そして、香りです。煮出す際は、桜餅の香りが漂います。

落ち葉を煮出すと赤い染液は日を置くと更に黒赤い染液になります。まるで血のような染液に白い綿の束を入れる際はなかなかグロテスク。

染め上がりは、植物繊維の綿なのでそこまで濃くはならず、ほんのりとした桜の花のようなピンクであのグロテスクな黒赤から想像できない優しい色に仕上がります。

さあ、桜の色でみなさんは何を作られますか?香り残っているかな。

How do you usually realise that the season has changed? It might be length of the day, clothing of people on the streets, high streets illuminations or seasonal goodies in markets. Just imagining, there are many occasions aren’t there?

We work closely to the seasons because our natural dying work starts with extracting dye from seasonal plants and transferring the colour into threads. In this late autumn season, we cannot miss red leaves. We’ve collected red cherry leaves that had fallen off from tree.
It is one our favourite dye. The red liquid of dye and scent of it are the reasons. Soaking skeins of white threads in the bloody red liquid is like a scene in a horror film. However, the final colour remains in the cotton threads is gentle and soft pink, like SAKURA colour, that you cannot remember the bloody red anymore.

What would you stitch or make with our cherry colour? See if you can still smell the cheery.

テマリシャス LINE@はじめました。
こちらからもワークショップ情報などおしらせします。
友だち追加