2017-12-15

草木染め糸屋: 銀杏色の記憶 / Natural dyer diary: A memory of Gingko

English follows below

東京、中央線、西荻窪にアトリエをもつ草木染め糸屋、そして手まりを作ったり、手まり教室をしているテマリシャスです。

Hello! We are Temaricious who are based in Nishiogikubo, west Tokyo.
We produce naturally dyed threads, making Temari with the threads and hosting Temari workshops

ずいぶんと寒くなりました。

It has become a lot colder in Tokyo.

草木染め日誌です。

Here’s our natural dye diary.

いよいよ桜の木が丸裸になったら、銀杏が黄色の葉を散らし始めます。銀杏の黄色を染めたのは2016年が初めてでした。

あまり濃い色が出ないと聞いていたのですが、ふわふわ黄色の絨毯が広がる公園、いつもの池が黄色に染まる期間限定の風景を見ていたら、その記憶を染めて残したくなって、気づいたら拾い集めて煮出していたのでした。

When the last leaf of cherry fall from tree, Gingko starts covering up streets and parks with their yellow leaves.
It was 2016 that We first dyed threads with Gingko yellow.

I was not going to dye the leaves because it does not dye strong colour but looking at the beautiful scenery – yellow carpet in a park and the yellow pound, I felt like keeping the memory of the season in threads.

この色を見て、イギリス留学時代に飲んでいたGinkgo (銀杏の英語)のお茶をふと思い出しました。びっくり。私は銀杏のお茶飲んでいたわ〜。当時は紅茶に疲れた時に韓国人の友人に勧められて飲んでみたんです。ほっとする飲みやすいお茶でした。英語で銀杏ってginkgoって言うんだって覚えたのもこの時。

I remembered Gingko tea I used to drink when I studied in England. Wow, I was drinking gingko tea. Korean friend of mine offered it to me when I wanted something else than white tea.

結果、鮮やかな黄色というより、晩秋の落ち着きを持った黄色に染まり上がりました。

銀杏のお茶を飲んで落ち着いたほっとした時の気持ちが糸の色に移り記憶にとどまりました。

Eventually, it dyed subtle yellow that feels like late autumn. The feeling of relieve that I felt drinking gingko tea has transported to the colour and became new memory.

みなさんは銀杏の思い出、記憶ありますか?

Do you have any memories about Gingko?

テマリシャス LINE@はじめました。
こちらからもワークショップ情報などおしらせします。
友だち追加