2019-05-22

ローズ香るハーブ農場研修の週末

こんにちは。久々の大雨にラッキーと思う人はお庭や畑仕事をする人ですね。

 

先週末に通い出してちょうど一年ほどになるアロマ教室のKana先生と一緒にNARD JAPANのハーブ農場研修に参加してきました。

あずさに乗って、同じくハーブやアロマ好きな仲間と一緒に山梨へ。

あっという間に到着し、下記の内容で研修がすすみました。

  • 蒸留器の説明
  • 農場にて蒸留用ハーブの刈り取り
  • 植物の紹介
  • 残留農薬の現状
  • ハーブウォーターまたは精油を使った実習

ハーブウォーターやアロマオイルを作るための蒸留器については、初めてみるサイズに驚き、手間暇かかるハーブウォーターの生成過程を見せていただきました。そして何よりもびっくりしたのは出来立てのアロマオイルの香り。その日はローズマリーでした。ローズマリーは、時として鋭い香りがするものですが、出来立ては、とてもまろやかな優しい香りがしました。

ローズマリーは250リットル蒸留器に36kgで126mlも取れる優秀さ。写真の上が精油で、下が蒸留されたハーブウォーターです。

驚くのはローズ250リットルの蒸留器に100kg/約33,000個のお花の塊から、なんと精油は1か2ml程度しか取れないそうです。それは、それは精油が高価になります!

そして、さらに丘の方の農場に移動して、いよいよハーブの刈り取り体験。

今の時期はカモミール・ジャーマンと少し早かったのですがダマスクローズ。景色の開けた丘一面にはハーブ畑。

カモミール・ジャーマンが甘くフルーツの香りとはよく言われますが、大量にあると、それは本当にその通りでふわぁっと甘い香りに包まれながらの作業でした。

次は高級な薔薇、ダマスクローズの刈り取り。まだ時期が早かったので咲いている株が少なかったのですが今朝咲いた花を手でプチっと取っていきます。薔薇の側を歩くだけでも香りが充満していて、幸せなのに、摘み取らせていただけて・・・写真の薔薇の株が満開はあと1、2週間だそうです。とっても素敵な景色ですね、きっと。

実はダマスクローズは蕾のころが一番香り高いと言われ、咲いた側から香りが落ちていき、花びらが白っぽいものは、本当に香りが落ちていました。それは数時間の差と思われます。農場の方にお聞きすると、咲いたばかりの新鮮な花摘み取るのは朝早くからの作業だそうです。全部手作業!テマリシャスの糸づくりと全く同じ!(全部手作業!)

つい、摘み取りが楽しくてたくさんいただきました。

見たこともないハーブなどもお土産にいただきました。

ローズとカモミール・ジャーマンはアルコールにつけてチンキにしました。テマリシャスの教室にも少し熟成させて、スプレーとして置こうと思います。香りに癒されてみてくださいね。もう少しお待ちくださいな。

 

テマリシャスもこの夏は、こういった農場見学ではないですが、育てているタデ藍と何かイベントをみなさまと一緒にシェアできたらと思っています。また案内をしますね。

 

テマリシャスでは手まりの中身の籾殻にハーブや精油を垂らして作る過程でとても癒されています。

アロマ手まりキットはオンラインで販売中で巻き方のビデオも無料でご覧いただけます。

 

大人気のアロマ手まりキットはご購入できます。→こちら

アロマ手まりの巻き方 → 無料ビデオ 

アロマ手まりキットを紹介した過去ブログは→こちら