てまりについて

てまり

手まりは古い歴史があり、日本各地に残されている手まり歌からも伺い知ることができる。
飛鳥時代の頃に中国から伝来した蹴鞠(鹿の皮を縫い合わせたもの)をヒントに手まりが作られるようになり、当時はお手玉なように上へ投げ、これを落とさないようにして遊ばれていた。

まりつきの遊びになったのは手まりの芯に木綿綿が使われるようになってからのことで、江戸時代には大人子ども問わず女性の間に流行した。参勤交代などで国への土産として持ち帰られ、御殿の女房や女中たちの格好な、’手すさびもの’となり、’御殿まり’といわれる華美な手まりの誕生となった。一方、手まりは城下町から農村へもひろまり、庶民の子どもの遊び道具となり素朴な手まりが作られた。正月や雛の節句などの祝い事には女の子への贈り物として喜ばれた。明治時代にゴムまりの普及で次第に遊び道具としては忘れられてしまい、今では手芸品、鑑賞用として、昔以上にカラフルで繊細な手まりが作られるようになった。球体に幾何学模様がかがられる手まりは海外でもユニークで注目される。手から手に伝えられた手まりの模様はこれからもテマリシャスの感性を織り込みながら一つでも多く伝え残していきたい。

参考文献:
遠藤左介 (1973) 『伝統のてまり』 主婦と生活社.

TEMARICIOUSの手まり

手まりで自然を包む
自然素材を大切にし、籾殻やラベンダーなどのハーブを薄紙で包み、おにぎりを握るように丸め、草木で染めた糸で巻きつけて、更にその上に手まり伝統模様をかがっている。草木染めで染めた色は深く、優しく、暖かい。手まりには様々な伝統模様がある。菊かがり、菱かがり、千鳥かがり、星かがり、亀甲かがり、麻の葉かがり。必ず大好きな模様が見つかるはず。模様に込められた意味や草木染めの素材にある植物のストーリーをまるめて作っている。
まあるく収まりますように!
弾むような人生を!
たくさんの願いを込めて。

男女問わず子どもの節句に手まりをお供に写真に収めて
結婚式の引出物に
母の日、父の日のギフトに
お部屋のインテリアに
お守り代わりに持ち歩いて
海外の方へのプレゼントに